東大和市ゆかりの日本画家・吉岡堅二が昭和19年から平成2年まで暮らした邸宅を公開します。

登録有形文化財となった主屋兼アトリエ、蔵、長屋門、中門をご覧いただけます。

 また、公開期間中は建物のガイドを随時開催しております。(1時間程度)

解説をご希望の方は、文化財ボランティアまたは職員にお声をおかけください。
 

公開日

平成29年10月27日(金)、28日(土)、29日(日)

時間

午前10時~午後4時(入場は午後3時30分まで)

入場料

無料

会場

(仮称)東大和郷土美術園:東大和市清水3-779

 

交通案内

  • 西武線「武蔵大和」駅から徒歩5分
  • ちょこバス(市内循環バス)で「清水観音堂」下車徒歩1分

   ※会場に駐車場はありません。遠方からお越しになる場合は公共交通機関をご利用ください。 

イベント

 公開期間中はそれぞれイベントを開催いたします。

いずれも参加無料、事前申し込み不要ですのでどなたさまもお気軽にご参加ください。

 

  • ワークショップ「葉っぱのステンドグラス作り」

  旧吉岡家住宅の庭の葉を使ってステンドグラスを作ります。

  開催日時:10月27日(金)午後1時30分から

  ※雨天中止

 

  • 鈴木賢次氏講演会

  日本女子大学名誉教授の鈴木賢次氏に登録有形文化財とはどのようなものか、

  また、旧吉岡家住宅について、建物を実際に見ながらお話を伺います。

  開催日時:10月28日(土)午後1時30分~2時30分

  ※雨天の場合は室内

 

  • 文化財旧吉岡家住宅で聴く 箏の調べ【ハミングホールアウトリーチ事業】

  「国の登録有形文化財」に登録された、東大和市ゆかりの日本画家・吉岡堅二の旧宅でハミング

  ホールが出張演奏会を行います。

  秋のひととき、郷土の日本画家と郷土の演奏家の時間を越えたコラボレーションをお楽しみくだ

  さい。

  開催日時:10月29日(日)午前11時から(45分程度)

  出演:森田博代氏(箏奏者)、見澤太基氏(尺八奏者)

  ※雨天の場合は室内